02傾城/全身.jpg
長唄 傾城という演目のお姿です
過去記事修正しても反映してくれなかったりしますが ブログ移動を検討すべきかと悩んでおります

2009年07月21日

日本舞踊(流派に付いて)

まだまだ勉強が足りない私Kは日々色々な事を調べ知識として蓄えようと励んでおります

今日は日本舞踊の流派に付いてを調べてみました

日本舞踊の流派 (WIKIより転記)

現在およそ200を越える流派が存在する。その中でも「五大流派」と呼ばれているものは以下のとおり。

* 花柳流
1849年(嘉永2年)、花柳壽輔が創始。花柳壽輔は四世西川扇蔵に学び、歌舞伎舞踊の振付師として重きをなした。最初は家庭の子女の舞踊として浸透したが、今は組織力の強さで最大の流派(名取約1万5000名)となっている。当代家元は四世。

* 藤間流
初代藤間勘兵衛が宝永年間に創始。のち茅場町の勘十郎家と浜町の勘右衛門家家に分かれる。また勘右衛門家からは三世藤間勘右衛門(七代目松本幸四郎)が出て松本流を派生させた。

* 若柳流
初世花柳壽輔の門から出た花柳芳松が、1893年(明治26年)に若柳吉松(のち寿童)と改名して創始。花柳界で発展したため、手振りが多く、品のある舞踊である。

* 西川流
元禄時代に始まり、二世西川仙蔵が確立した。三百年の歴史を有し、当代宗家、西川扇藏は十世である。

* 坂東流
三代目坂東三津五郎を祖とする。三代目舞踊の名手で、化政期を代表する歌舞伎役者だった。



五大流派 この響きだけでも凄い!と感じます
posted by 若柳恵華ファン at 10:27| Comment(0) | 日本舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。